国産竹炭
竹炭は炭の中でも特にミネラルが大変多く含まれています。ミネラルの成分としては、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、マンガン、珪素などがあり、特にカリウムや珪素の含有量は非常に多く含まれるとされています。
ケイ素は、人間の健康にも重要視されるミネラル成分で、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という美容に欠かせない3大要素を、体内の組織と結びつける働きがあります。また、カリウムは細胞の浸透圧を調整する働き、ナトリウムを排出する作用があります。

日本の伝統窯
竹炭の原料となる竹は千葉県の孟宗竹を切り出しています。
その竹を、電気窯のような機械を使わずに、江戸時代から伝わる伝統の半兵衛窯を使い、800〜1200℃で1週間かけてをかけてじっくり丁寧に焼き上げています。これによって非常に洗練された竹炭が完成します。全て手作業で行っているため、数に限りがあります。